Selon
Frédéric Rouzaud

Frédéric
Rouzaud

シャンパーニュのメゾン、ルイ・ロデレール社社長

Frédéric Rouzaud

1995年、私の父ジャン=クロード・ルゾーが、長い歴史をもつシャトー・ド・ぺズに出会います。創設が1452年と古く、その後2世紀にわたり、偉大なテロワールのパイオニアであり、シャトー・オー・ブリオンのオーナーでもあったポンタック家が所有していたこともありました。

 

実際、ペズの畑は一箇所にまとまっており、傑出しています。理想的な位置にあり、建物も壮麗です。格付けシャトーではない?まさにその点が、私の父の関心をひいた理由の一つだったと言えるでしょう。眠れる美女に息を吹き込むという考えに魅了されたのです。
そして、保管されていた非常に多くのヴィンテージをテイスティングした結果、父は購入を決めました。非常に円みがあり上品、エレガントなどと形容できるペズのワインは、サンテステフのイメージとかけ離れています。

 

こうして、シャトー・ド・ペズは、世界中の特別なテロワールのワインからなる《ロデレール・コレクション》に加わりました。伝統に支えられながらも非常にコンテンポラリーなワイン、生産量が少なく、それぞれのアペラシオンの代表となれると私たちが期待を寄せるワインの仲間入りをしたのです。

 

ここ数年間ひたむきに、情熱と献身とともに、ぶどう樹の植え替えを進めてきました。シャトー・ド・ペズのワインのスタイルを確立するために、畑に不可欠な武器を提供するためです。ダイナミックでイニシアチブに富んだチームの努力の結果、ワインのバランスや品質が大きく改善しました。眠れる美女は、今やグランクリュがもつ資質の全てを有しています。ペズは自らの歴史のターニングポイントにいる、と私は考えています。

「ルイ・ロデレール氏がボルドーで初めて入手したシャトー・ペズは、今やグランクリュがもつ資質の全てを有しています」

Nicolas
Glumineau

支配人&ワイン生産者

現在ペズでは、ピション・コンテスと同様に、栽培、醸造、アッサンブラージュを区画単位で行っています。

 

テロワールのワインであるからこそ、パーセル・アプローチと称されるこの方法を用いています。果実味を十分に表現する。果実味を楽しむアプローチ。

 

昔からサンテステフのワインは気品に満ち、ワインを熟知した方々に好まれる傾向がありました。渋味の凝縮した骨格に、やや多めの酸味が加わり、メドックの他のアペラシオンと比較して、角張った印象を受けることも少なくありません。

 

私たちの畑では、タンニンが完熟状態になるまで、気長に待つようにしています。シルキーで滑らかなワインとなるからです。新しい醸造棟には容量の小さいタンクが導入され、理想的な条件のもと、区画別の醸造ができるようになりました。ワインの完璧な調和を求めて、抽出も非常にソフトに行います。このように《ワインを自由にしてあげる》ことで、骨格に柔軟性と複雑性が加わります。

 

こうして生まれるペズのワインは、サンテステフの歴史に支えられた気品と、現代的なエレガンスとを合わせもっています。2005年以降続けられている栽培・醸造での精緻な作業は、知的にも技術的にも非常に刺激的で、今やペズの長い歴史の一部となりました。その目的は、シャトー・ド・ペズのテロワールの素晴らしさを、明らかにすることです。

「テロワールが表現されたワインの生産過程は、刺激に満ちています」